ブログ|北海道アウトドアガイド Mother Nature's Son

オフィシャルブログ

知床五湖開園

本日11:00知床五湖が開園しました!

早速行ってきました!

ゲートオープン前から10台ほど待ってました。

天気は快晴です!

レクチャーを受けてから散策開始。

晴天の五湖を満喫してきました!

知床五湖ガイドツアーも随時受け付けていますのでお問い合わせください^_^

 

和琴半島でカヌー

天気が良かったので屈斜路湖の和琴半島にカヌーをしに行ってきました。

この日は風もなく凪の中のんびりオヤコツ地獄までプカプカ

オヤコツ地獄では温泉の熱でお湯を沸かして、茹で卵を作りました。

外で食べるカップヌードルは最高ですね!

岩尾別温泉

天気が良かったので4月20日のゲート開通前に岩尾別温泉の滝見の湯を掃除しに行ってきました。

途中から見える羅臼岳が美しい!!

トコトコと歩く事一時間ほど、温泉にたどり着きました。

一冬超えた浴槽は、、うえー!藻だらけ、、

デッキブラシでゴシゴシ、落ち葉を取り除く事約二時間ピカピカになりました!

行き帰りの道中タヌキに三回も会いました。

いい湯だった^_^

知床ゴミ拾いプロジェクト

先日、知床のゴミ拾いをしてきました。

去年から始まっただいたい月に二回ほどのボランティアのイベントです。

今シーズンの一回目のこの日は曇り空の中15名ほどの人が北見、網走、斜里などから集まってくれました。

本格的な観光シーズンを前にウトロの街は綺麗になりました。

知床国立公園、世界自然遺産エリアの入り口となる幌別橋の下には親子の熊とゴミ拾いの僕たちの足跡が並んでありました。

ヒグマと人間が交差する知床の玄関口といった所です。

一度でも人間の捨てたゴミや餌を食べたヒグマは人間との距離感が狂ってしまい、結果的に駆除される事になるのがほとんどです。

コンビニにゴミ箱はありません。自分のゴミは自分で持ち帰るようにお願いします。

有料になりますが道の駅でも引き取ってもらえます。

知床に戻りました

知床に戻りました!

こらから10月半ばまではこっちでガイドとピリカです。

さっそくガイドの仕事で男の涙、象の鼻コースを二回転してきました。

知床は雪解けが進み、途中までスノーシュー、途中からはスノーシューを外しての散策となりました。

午後は長崎と室蘭から来てくれた親子を案内しました。

子供たちは初めて着けるスノーシューに大はしゃぎ、終始賑やかなツアーとなりました。

天気も良く知床を代表する絶景を見せてあげれてとても良かったです。

そしてこの日はウトロの『カフェ アルビレオ』さんのひぐまブレンドのドリップコーヒーもデビュー!

 

雄大な景色の中で飲むコーヒーは贅沢ですね

 

 

­

熊のお目覚め

知床ではすでに熊が活動してます!

これから知床のに来る人は覚えておいて下さい。

○絶対に餌をあげない

○車から降りて近づかない

○熊に会ったら、近づかない、騒がない、走って逃げない

今回はウトロの街に近い所で発見したので、街に向かって歩いていく熊を、熊スプレー片手に財団職員が来るまで監視しました。

一般の方は絶対に車から降りないで下さい。

フレペの滝〜プユニ岬〜男の涙

日曜日のランチの後、月曜日のガイドに向けてウトロに向かいました。

ウトロに着く頃には綺麗な夕陽が見れました。

フレペの滝に向かう下り坂はソリで一気に下ります!

 

その後、プユニ岬方面まで探検、プユニとはアイヌ語で『穴の空いた』という意味で、かつて穴であった崩落箇所まで行きました。

ウトロの街から見えるプユニ岬の先の大岩です。

その後、フレペの滝、男の涙、象の鼻まだ散策してきました。

 

 

 

森の動物

あっという間に2月も終わりですね。

低気圧で一旦無くなった流氷も、戻ってきてくれました。

冬の五湖のツアーは3月10日までの予定となっています。

基本的にサイケデリックが定休日の月曜日にガイドをしていますが、他の日も参加人数やサイケデリックの予約が入っていなかったら出来ますのでお問い合わせください。

先日は男の涙のツアーで沢山の動物に出会えました。

エゾフクロウ、エゾモモンガ、エゾシカ、エゾリス、オオワシ一回のツアーでこんなに見れることもなかなかありません、自然相手なので全ては時の運ですね。

 

十勝達磨

ガイドの研修で帯広に行ってきました。

野外救急救命について学んできました!

ガイドにとって一番大事な部分は、お客様が安全で無事にガイドツアーを終える事だと思います。

それでも野外での活動には、何らかのトラブルが付いてまわるものです。

いざという時のためにも、常日頃からトラブル発生時の訓練は欠かせないと思います。

研修後『サカモト民藝店』で十勝達磨を買ってきました。

 

十勝達磨とはかつて帯広で作られていた十勝石を削って出来た達磨の事です。

職人さんが一個一個手作業で削って作ったものなので同じものは二つとありません。

そんな職人さんも今はなく、残ってる分が売れたら終わりのようです。

とても味のある顔にじわじわと愛情が湧いてきます(^_^)

お店には特大サイズの達磨もありました。

サイケの十勝達磨たちです。

 

可愛いなぁー

天狗の湯

知床以外も遊びに行きます。

今回は大雪山へ遊びに行きました。

大雪山と言っても一つの山を指すものでは無く北海道の中央部の山岳群を総称して大雪山と呼びます。

今回はその中でも東大雪と呼ばれる地域の上士幌町にある野湯を目指すことにしました。

あまり情報もない場所でしたが勘を頼りにしばらく山を歩くと湯煙がもくもくと上がってる場所を発見!

冬はこのおかげで温泉を発見しやすいんですね。

山奥で力強くプクプクと湧いていました。

外で着替えるのは寒いのでテントを横に立てます!

これでバッチリです!!

テントの横の湯壺の足下からかなりの量の温泉が湧いてます。湯温は38度くらいかな。

しっかりと地球のパワーを頂いてきました。

道東には面白い野湯が沢山!!